余興のお礼はいくら?『5,000円』これ妥当!?結婚式で失敗しないために

あなたは余興をやってくれたゲストに、お礼を渡しただろうか?

結婚式には、新郎新婦だけでは事足りないイベントが多く存在する。

乾杯や友人スピーチなど。

中でも、【余興】は結婚式の印象を決める一大イベントであり、ゲストにお願いをする形ものである。

余興をお願いするということは…

結婚式の余興とは、ゲストが新郎新婦のために行うものであるが余興を見ているすべてのゲストが楽しむものでもあり、余興が結婚式の印象を決めるというのも過言ではない。余興によって、「楽しかった結婚式だった」のか、「楽しくない結婚式だった」のかが決まってくる。

スポンサーリンク
広告1
ブログ村ランキング

余興が担うウエイトはかなり重たい。

余興をお願いされた人はわかると思うが、絶対に失敗できないというプレッシャーと戦うことになる。さらには、どんな余興をやれば良いのか、誰が余興に協力してくれるのか。など準備をすればするほど座礁するということは少なくない。

*肉体的労力と精神的労力

余興を成功させるには、肉体的・精神的な労力がとてもかかる。

仕事のかたわら新郎新婦の両親にアポを取ったり、式場のスタッフと打ち合わせをしたり。

さらには、家庭をもっている人であれば妻や夫の機嫌を図りながら。

余興をお願いするということは、祝いの場であってもこのような苦労があるということを知っておこう。

*時間とお金

余興を成功させるには、時間とお金がかかる。

余興アドバイザーである私は、年に数回余興を手がけているが、一円もかからなかった余興はない。

icon-adjust 特殊な撮影が必要な場合は、カメラを買ったり。

icon-adjust ビデオの編集に必要な多機能なソフトを買ったり。

icon-adjust 式場で上映するために必要なものを買ったり。

あげるときりがない。

当然、新郎新婦のご両親へ挨拶を行く時は3000円程度の菓子折りを買っていく。

【2017年版】結婚式の余興で迷ったら ”これ”!!アイディアで勝つ!
2017年の結婚式で行う余興で何をしたら良いか。迷った人に必見!アイディアで勝つ!*迷った時に考えること。*私が”オススメ”する余興例。今までにない斬新な余興を一挙紹介。これで成功間違い無し。


余興のお礼はいくらが妥当?

*原則として相手に気を使わせない程度のお礼。

と一般的に言われている。

それが、表題にあった「5000円」である。

5,000円で足りる!?

先に記述した文章を読んでいただけたら5000円で本当に足りるのか?と思う人もいるかもしれない。

結論からいうと、お礼は「5,000円」で足りると考えている。

これは、かかった費用を全て賄うと言った点では、足りないかもしれない。しかし、お礼が10,000円や20,000円と高額になると余興を担当した人に対し失礼になる。

昔からの友人や職場の同期など、祝いたいから余興をやる人も多い。

あまりお礼が多いと、その気持ちに失礼である。

「お礼はいらない!」と言われたら…

お礼は、あくまでも気持ちである。

もしもお礼なんか絶対いらないから!と強く言われたとしても、親しき中にも礼儀あり!である。

職場の上司や学校の先輩など、目上の人には現ナマをあげるよりも相当の「もの」でもよい。

*お菓子

*ギフト券

*お酒

私は、過去にこんなものをいただいたことがある。


【希少】知る人ぞ知る!有機野菜チップス

とても美味しくて、お礼としてはとてもセンスが良く嬉しかった。


余興を大人数でやってもらった場合

一人なら、5,000円または、それ相当のもの。でOKだが、

余興に登場した人が10人とか20人とかだった場合…どうすれば良いか。

一人一人5000円をかけていたら大変なことになる。だからといって一人500円をお礼として渡すのも無礼であろう。

ではどうすればよいのか。

私がお勧めするのは新婚旅行のお土産です!

お菓子やキーホルダーなどを大量に購入してお礼として渡すのが、経済的負担も選ぶ手間も少なく済むのではないだろうか。

ただし。

結婚式が終わったら必ず!
「ありがとう」のお礼を忘れずに!!

なによりもありがとうの言葉である。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする