【本能寺の変】×【結婚式】ダンス系余興で盛り上がるエグスプロージョンのネタまとめ

まずは、こちらの動画を見てもらいたい。

知っている人も多いのではないだろうか。

エグスプロージョンネタで【結婚式】

icon-certificate 目次
①エグスプロージョンとは?
②本能寺の変
③ペリー来航
④小野妹子
スポンサーリンク
広告1
ブログ村ランキング

①エグスプロージョンとは?

よしもとに所属するダンスユニット「エグスプロージョン」。振付け師でもある彼がYouTube上に公開した動画『踊る授業シリーズ』はシリーズ合計数億回も再生されているという。

彼らは、覚えにくい歴史上の出来事をリズムに乗せて、さも分かり易く説明をしてくれている。軽快なリズムだけでなく、実際に勉強になるようなミュージックである。受験生の諸君もこれなら嫌いな暗記モノも身になるのではないか。

特に、人気があるのがこの「本能寺の変」である。

2017年4月時点で5300万回以上の再生回数を誇っている。

ピコ太郎まではいかないが、芸人ネタを披露した動画では、かなり再生回数が多い方であろう。ゆえに認知度は高いということになる。

この「エグスプロージョン」という芸名を知っている人は少ないかもしれないが、【本能寺の変】と聞いて、あ!っと気付く人はたくさんいるはずである。

ちなみに、エグスプロージョン(エクスプローション)とは

爆発という意味である。

これから彼らは、どう爆発していくのだろうか。

②本能寺の変

冒頭でも紹介したが、この本能寺の変は、王道中の王道。実際に結婚式の余興で披露した演出も数多くある。知っていう人が多ければ多いほど、場は盛り上がる。私の経験上、半分以上知っている見たことがあるネタを披露すれば、変な空気は流れない。ただし、一部のゲストにしかわからないネタや演出は失敗する。

【余興成功の3原則】結婚式の余興を「感動と面白い」で盛り上げる!
結婚式での余興成功の3原則 ❶「笑い」×「○○○」でメリハリのある展開を! 原則❷全てのテーブルをターゲットにすべし! 原則❸全てを明かさず、サプライズ仕掛け。 これを読んで余興を成功させよう!

余興成功の秘訣は一読して損はない。

ただ音楽に合わせて踊るだけでも、様になる。実際に結婚式の余興でやろうと思っている人がいるのであれば、「二人よりも三人」「三人よりも四人」多い方が一体感が出て、会場を盛り上げる。

③ペリー来航

今回は、トレンディーの斎藤さんとコラボしたものをみていきたい。

これは、最高にクールで面白い。いまやトレンディ斎藤のことを知らない人はいないほどの人気っぷり。しかもキレキレのダンスと「ぺ」がまたこの曲によく合う。

これも完全コピで真似しても十分に場が盛り上がるであろう。

ただし、中途半端なダンスではNGである。やるなら全力で!

これだけは絶対厳守。余興に必要な3つのマナーについて
楽しい楽しい余興にも、もちろん守るべきマナーがある。マナーを厳守できないと素敵な結婚式も台無しになってしまう。今回、余興adviserである私から、余興大成功の秘訣である守るべきマナーについて伝えたい。以外に多いマナー違反。ここに気づけるだけで成功は近く!

④小野妹子

踊りが簡単なのは、この小野妹子。

結婚式の余興ネタとしてはあまり向いていないかもしれないが、歌詞を変えてチャレンジしても面白いかもしれない。

嫁に行ったのよ「◯◯子」〜♪ なんて。


今回は、エグスプロージョンのネタについてまとめてみたが、実際に結婚式や学校祭などの余興として使われているのは、やはり①本能寺の変であった。

替え歌でやっている演出が多いが、どうしても「変」を下ネタとして解釈してしまうものがある。過度な露出や下ネタ発言は、冷ややかな空気にもなりうるということに注意してもらいたい。

それでは、いくつか動画を紹介して、終わりにしよう。

健闘を祈る。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする