【バブリーダンス】結婚式の余興YouTube動画を一挙公開・解説!

今、最も熱い演出のひとつである「バブリーダンス」。

なぜこのバブリーダンスに熱い視線が集まっているかは、前回一筆したのでそちらを参考にしてほしい。

なぜバブリーダンスは人気があるのか?結婚式・忘年会の余興で人気その秘密とは
平野ノラが人気となり、高校ダンス大会で紹介されたバブリーダンス。結婚式の余興や忘年会での出し物でもいま人気沸騰中!なぜバブリーダンスはここまで上り詰めたのであろうか。結婚式・忘年会の余興で人気その秘密とは果たして…

【バブリーダンス】結婚式の余興動画を一挙解説!

余興でこのダンスをやろうと考えている人にとっては、すでにお気付きかもしれないが、YouTubeには数多くのバブリーダンスがアップされている。

実際に開催された高校ダンス部の日本一を決める大会「日本高校ダンス部選手権 スーパーカップDANCE STADIUM」での一幕や、番組企画で平野ノラが踊りの練習をする動画などなど。

スポンサーリンク
広告1
ブログ村ランキング

結婚式の余興動画をpickup!

今回は、その数多くの動画から結婚式に特化して抽出し、余興アドバイザーである私が選びに選んだ秀悦な余興動画を解説付きで一挙紹介する。

❶ 結婚式 余興 バブリーダンス 1人で本気で踊ってみた。

  icon-youtube-square 2:20〜 前半スピーチ

解説!

これは、参考にしたくてもなかなか真似のできない真のonly oneダンス。

ここまでの強靭なハートを持っているものもいないだろう。しかし、これを見て分かることはバブリーダンスは少人数で行っても盛り上がる。ということである。

TVでのダンス部のイメージが強いこのダンスは、大人数の参加が条件に思われがちだが実はそうではない。キレをかまして恥じらいを捨て女を捨てた時、大成功はすぐ見えてくる。

この衣装とメイクの完成度も彼女の本気度が伺える。ぬるさが一切のない芸術的な作品である。

  icon-check-square-o ここに注意!

ずばり、「間延び感」である。余興というものは飽きられたら最後。もう見るのをやめてテーブルの人たちとおしゃべりが始まってしまう。

ひとりで踊ろうと思う人は少ないかもしれないが、どんな余興でもスピード感とサプライズが求められる。あの手この手で飽きないものを作る意識をしよう♪

もし、余興をみた新郎新婦や参列者の方々が、一度も目の前にある料理やお酒に手を伸ばさなければ完全勝利である。私は、いつもこれを目標に作品を作っている。


❷ バブリーダンスを踊ったらキレッキレだった

 icon-youtube 冒頭から踊りが始まる

解説!

まず皆が思っていることを記するとキレがやばい。

これを結婚式二次会で披露したというのだから何かもったいない気がする。もしかすると披露宴なんかで披露されたもんなら新郎新婦よりも遥かに目立ってしまい、素敵な結婚式の記憶が歪みそうだから二次会チョイスなのかもしれない。

* メンバー:10名以上。

もし、10人前後で余興を考えてるのであれば、大いに参考にできる。

ダンスの構成。
メンバーがある程度多い場合は、一斉に最初から最後まで同じ踊りをしているのでは正直みていてつまらない。この作品は、2つのパートに分かれており、メリハリがあって見飽きない。

 icon-check-square-o ここに注意!

会場の下見はしただろうか?

余興参加メンバーの数が多ければ多いほど踊りに必要なスペースが広く必要である。この動画でも少し手狭な感じがする。会場に合わせた踊りの構成が重要である!


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

❸ 男の生き様!結婚式でバブリーダンス踊ってみた!

 icon-youtube-square 冒頭から踊りが始まる

解説!

やはり女装でしょ。バブリーダンスは男だってできる。と一切のジェンダーを許さないメッセージ性の強いこの作品。

まず目に入るのは、隆々と太すぎる足。完全にアウトの丈。笑なしに見ることができない。

綺麗な女性がバブリーな格好で踊るのももちろん格好になり見ものであるが、男性が女装をしてさらにバブリーになるというギャップが面白い。
 icon-star ポイント!
ダンスの合間に旬なモノマネを挟んで間延び感をフォロー

先ほどの記したが、間延び感は余興の最大の敵である。この作品も彼らが最初から最後までバブリーダンスを踊り通していたのであれば、この間の敵は必ず襲ってきたと思う。

この合いの手のごとく挿入した演出が、見ていて飽きないものにさせているのだ。

是非、真似してもらいたい。

続編はこちら


どうだっただろうか。

あなたが作り上げようとしている作品の一助となれば幸いである。

健闘を祈る。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする