プロジェクションマッピング × 結婚式 2017年の披露宴 人気動画特集!

ここ数年で人気を博している「プロジェクションマッピング」という映写方法。

この言葉はよく耳にするだろうが、昨今のリオデジャネイロオリンピックでもこの方法がふんだんに用いられていたことは記憶に新しい。

では、このプロジェクションマッピングが丸わかりの動画を1つ紹介する。

プロジェクション(=投影)という単純映写ではなく、マッピングという言葉が加わった言葉で、ここには投影する対象に映像を張り合わせるという意味合いがあり、対象と映像がぴたりと重なり合うことで意味を持ってくる映写方法である。

投影される対象は建築物だけではく、靴、テーブルや椅子、額縁、描かれた絵、人体、部屋、鞄、楽器、樹木などありとあらゆる物を対象としている.

ここからが本題。

プロジェクションマッピング × 結婚式

結婚式の演出として、入場場面を華やかにするために式場がオプションで用意していたり、余興やイベント時のために外部のサービスを利用して演出させたり。

プロジェクションマッピングの活用方法は様々である。

近年の結婚式の演出は、昔と違いアイディアが多種多彩であり、このプロジェクションマッピングも斬新なそれのひとつである。

簡単に調べただけでもこのプロジェクションマッピングに対応しているホテル・式場が多く存在した。

  • ハイアットリージェンシー大阪
  • アールベルアンジェ富山
  • マリアージュ彦根
  • KOTOWA 京都 八坂
  • アニヴェセル 長野
  • ANAクラウンプラザホテル金沢
  • 札幌パークホテル      etc…  

ここでは、そんなプロジェクションマッピングが最高の形で活用され盛り上がった結婚式や余興などの演出を解説付きで紹介する。

スポンサーリンク
広告1
ブログ村ランキング

*オープニングでプロジェクションマッピング

結婚式の演出でここまで華やかなプロジェクションマッピングは初めてである。ほとんどのゲストが手を止めて集中している。演出としては最高得点であろう。さらに、3:00〜のとびっきりの演出には会場内が「おぉ〜〜!」と騒ついて、盛大な拍手が送られた。是非、時間のある方は視聴してもらいたい。


*お色直しをプロジェクションマッピングで!?

このアイディアは、なかなか思いつかない。もしもあなたがこの演出をやりたいと考えているなら早い段階で担当プランナーに相談をしよう。余興アドバイザーとして結婚式を数多く手がけていきたがこの演出は未だかつて見たことがない。他と違う結婚式をやりたい人にはお誂え向きであろう。




*結婚式の演出にプロジェクションマッピング

これはホテルシティプラザ北上で実際にウェディング・披露宴等で利用されているプロジェクションマッピングである。この演出が可能だというのだから、わざわざこのホテルで挙げたい!と希望するひとも少なくないのではなかろうか。このど迫力の映像から入場する新郎新婦は照れ臭いながらも鼻高であろう。
今回は結婚式で活用され始めてきているプロジェクションマッピングについて簡単な解説付きで紹介した。様々なサイトで費用について紹介されているが、100万円とか1500万円とか法外な価格のものはあくまでも業者向けである。結婚式で言えば式場(ホテル)側が購入し、その機能を兼ね備えるために必要な費用である。そのため、一概に高額だ!というサイトには注意が必要である。


http://akioki.com/2017/07/06/post-529/

基本的には、素人が自作で行うのはどれだけの愛があっても無謀なチャレンジである。そのため、業者にお願いをしたいところであるがまずは、担当プランナーに相談!結局のところ式場やホテルがマッピングに対応しているかどうかが重要であり優先的に考えなければならない。
もし、条件が合いこのプロジェクションマッピングを結婚式や余興等の演出に活用できた暁には、2017年も半ばのこの時代でもまだまだ数多くの衝撃と感動を生むであろう。
ちなみに…
このサイトも

http://visualbeats.jp

是非チャレンジしてもらいたい。
健闘を祈る!

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする