【まだ間に合う!】簡単に作れる余興ムービーランキング!結婚式まであと何日??

新郎新婦に結婚式の余興を依頼されたが、良いアイディアが浮かばず迷った挙句、結婚式まで2週間を切ってしまった。

なんていう経験はないだろうか。

余興をお願いされてもすぐにやる内容が思いつく人は少ないだろう。

今、あなたが行っているように、こうしてインターネットで検索することは決してマイノリティではないのだ。

そこで今回は、

まだ間に合う!
簡単に作れる余興ムービーランキング!

について記そうと思う。

目次
①ひと昔前の結婚式の余興とは?
②最近の結婚式の余興とは?
③余興動画ムービーランキングの紹介
④余興を頼まれたら最初にやること

スポンサーリンク
広告1
ブログ村ランキング

①ひと昔前の結婚式の余興とは?

結婚式の余興と聞いて、なにを思い浮かべるだろうか

 1位:カラオケ
 2位:ものまね
 3位:踊り

こう思いついた方は、もしかすると50代60代の方かもしれない。

これらの余興はひと昔前の主流であった。

オンステージでの演出が基本なのだ。動画等こった演出をしなかったのは式場の設備の問題もあるだろうが、一番の理由は素人が動画を作成するということが今よりも遥かに困難であったということだ。高価な機材や編集ソフトが必要なのも敬遠されてきた要因であろう。

今とは全く違うものであり、時代とともに余興の種類も成長しているのだ。

②最近の結婚式の余興とは?

昨今、ムービーメーカーやiMovieといった無料且つ既存のソフトが簡単に手に入り、事足りるようになったことで、誰でも簡単に結婚式の余興で動画ムービーを作成できるようになった

そのため最近の結婚式の余興では、

1位:恋ダンスを踊ったダンス系
2位:PPAPでノリノリダンスお笑い系
3位:フラッシュモブで会場を盛り上げる系

詳細はこちら
👉👉《余興人気ランキングBest5!【2017年決定版】》

どれも多彩な凝った演出である。

③余興動画ムービーランキングの紹介

では、本題に移ろう。

結婚式まで残り2週間。
どんな余興ができるのか。

今回、焦っている時に「動画・ムービー」を選択したのは間違っていない。

実際に式場でステージに出て大人数で踊って歌ってを行うのであれば、それなりの練習や準備が必要である。衣装の調達なんていうのは思った以上に時間を要すものだ。もっとも、登場する人が多い場合は全員が集まれる日を決めるだけでも難儀である。

その点、「動画・ムービー」は編集こそ多少の時間はかかるが登場人物が多くても皆のスケジュールを調整しなくて済むため比較的短期間で完成させることができるのだ。

ランキングBest3!

1位:ダンス動画

2位:スケッチブックリレー動画

3位:マラソン動画

これらの動画は比較的簡単に2週間以内に作成が可能である。

*ただし、編集技術の差により難しい人もいるかもしれない。動画の編集方法についてはYouTubeで多く掲載されているので自分が持っているソフトに合わせて勉強しておこう。

1位 ダンス動画

👉👉《恋ダンスを踊ろう!結婚式披露宴の余興は星野源で決まり!》

👉👉《PPAP×結婚式 余興成功のポイントとは??》

👉👉《皆で踊る「恋するフォーチュンクッキー」》

ダンスといってもオンステージで踊るわけではない。新郎新婦の思い出の地など式場外で親族や友人などに踊ってもらい撮影する。それを編集して本番上映をするというものである。

*撮影場所や登場人物を工夫することで時短が可能である。できるだけ多い場所でできるだけ多い人に参加してもらうことで余興成功へ近づくが、時間がある範囲で調整が可能であるのだ。

また、踊りも動画であればバラバラで構わない。ステージ上では皆が揃っていないと冷めてしまうが動画であればそれは愛嬌と化す。

動画はメール等でやりとりできるため、実際に撮影しに行く必要もないのだ。

これも時間がない中での余興作成に御誂え向きであろう。

2位:スケッチブックリレー動画

こちらも制作期間が短くて済むものである。

スケッチブックに新郎新婦へのお祝いのメッセージを書き、それを手にして動画でメッセージを述べるというものである。

👉参考動画《結婚式 余興 スケッチブックリレー》

動画はスマホで事足りる。一眼レフカメラやビデオカメラといったものも必要ない。

編集も凝ったトラディションを使わなければ、それぞれの動画を繋げれば良いのだから容易である。動画編集初心者でも作成可能な余興動画ムービーのひとつである。

スケッチブックリレーで成功させるポイントとは

❶サプライズ感を出すために、両家の爺婆や学校の恩師などの「予想外なひと」にもメッセージをもらう。オススメは、「道行く人」全くの赤の他人に言わせるのである。

❷間延び感に注意する!!上記参考サイトは多少の間延び感があるであろう。余興動画は長くて6分である。一人づつではなく集合してスケッチ持ったりメッセージもらったりして調整しよう。

3位:マラソン動画

👉👉《ファーストバイト用のスプーンを走って結婚式会場に届けろ!》

上記サイトの動画は、マラソン余興動画の応用編である。

👉👉《結婚式の余興で生放送!?》

あまり時間がないのであれば、
単純に「○○○」から「●●●」へ100キロ走破!ってな感じで走って走りまくる動画を作成するのである。

よく使う演出としてはゴールを式場にして、動画と式場を繋げた生中継スタイルをとるというものであるが、別にゴールが式場でなくても良い。

例えば、
新郎新婦の生い立ちを追うようなマラソンコースで二つのスタートから出発した男女2人のランナーがそれぞれの人生のコースを走り、いつの日か二人は出会ういゴールする。といった企画もありだろう。

マラソン動画で成功させるポイントとは

❶マラソンコースは生い立ちを追うようなものが吉。これは、参加しているひと全員がわかる内容にするという意味がある。産まれてから学校に行って仕事をしてといった流れのなかからゲストは決まっている。すべてのテーブルで盛り上がると余興は大成功するものである。

❷たすきを用いてリレー形式で沢山の人を参加させよう。あまり時間がないのであれば難しいところもあるが、「杖をつきながらたすきをつなぐ」爺婆が上映されたら歓声がわくだろう。

④余興を頼まれたら最初にやること

👉👉《結婚式•披露宴の余興を頼まれたら最初にやることPart①

👉👉《結婚式•披露宴の余興を頼まれたら最初にやることPart②

こちらを参考にされたし。

動画の場合、式場との打ち合わせは必須である。

上映されなかったら水の泡であるからだ

くれぐれも気をつけてほしい。

では今回はここまで。

結婚式の余興成功を祈っている。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする