盛り上がり120%!PVを使った余興動画作成のポイント 江南スタイルversion

「Promotion Video」いわゆるPV。

音楽業界におけるPVはMUSICVideoとして、歌手が挙ってCDの販売促進や宣伝を目的に制作される。

近年は映像技術が進歩したことで、凝ったPVが多く映像作品としての評価も問われるくらいだ。

一斉を風靡した「PSYの江南スタイル」に関しては、ほとんどPVによって人気爆発した記憶がある。とでもYouTubeで億を数える。

それだけの人が見ていることになる。

また、2016年では、PPAP。これもPVがYouTubeから全世界に回り、あのジャスティンビーバーやトランプ大統領の孫にまで巡っていった。
最新!《2017もPPAPを踊って結婚式を盛り上げよう!》

余興を大成功させるのに
この万人が知っているPVを使う他ない。

私が以前に作成した余興のひとつを紹介しよう。

「PSYの江南スタイル」のPVのコピーである。

●オススメ度 

・準備の手軽さ  ★★☆☆☆
・作成の手軽さ  ★★☆☆☆
・サプライズ感  ★★★☆☆
・万人受け    ★★★★☆
・参加人数    5
人〜 

●内容

内容は単純である。

PVを真似ること

以前の記事《余興を成功させるための3原則》から言う、

すべてのテーブルを対象にするのであれば、皆が知っているPVを用いることだけでも良い要素であるのだが、もうひとつ取り入れると盛り上がり方が変わる要素がある。

それは、新郎新婦の地元や職場、学校などを撮影場所にすることだ。

結婚式に呼ぶ人は大抵、

親族」「職場」「中高学校」「小学校(地元)」

のみである。

ここを動画のなかに取り入れることで、
すべてのテーブルが盛り上がるということだ。

撮影場所だけではない。

登場人物もしかりだ。

常に同じメンバーが踊るのではなく、
ここにも、

・いきなりお婆ちゃんが登場。
・地元の美容師が登場。
・学校の先生が登場。 など

サプライズを仕掛けやすいのもPVを用いた動画作成の良い点であろう。

*作成のポイント

  1. 画面の左上に実際のPVのワイプを挿入する。
  2. 衣装や撮影場所をできるだけ似せる。(思い出の地を回るのであればどこでもOK!その際は、ワイプを外す。)
  3. 音楽と画面の切り替わりのタイミングをしっかりと合わせる。

動画を作成する今回の余興では、準備やアポ取りから、撮影や編集ととても時間がかかる。

そのため、おおまかなスケジュールを早い段階から組み、余裕を持って本番にのぞみたい。

手の凝った余興には、新郎新婦への想いが籠る。

すべてのテーブルを対象にし、サプライズを取り入れた余興には失敗はない。

健闘を祈る。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1